スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

君の世界が僕の世界を変えてしまったよ<劇場版紅桜篇総括1>


kamutaka.jpg


「銀時ィ!!」
「ああ?」
「世の中というのはなかなか思い通りにはいかぬものだな!
国どころか友一人変えることもままならんわ!」

「ヅラぁ おまえに友達なんていたのか!?
そいつぁ 勘違いだ!」

「斬り殺されたいのか 貴様は!!」

「銀時ィィ!!」
「あああ!?」
「お前は変わってくれるなよ
お前を斬るのは骨がいりそうだ
まっぴら御免こうむる」

「ヅラ お前が変わった時は俺が真っ先に叩き斬ってやらァ」

********

変わったのは高杉なのかな?
一番変わってないのは高杉なんじゃないかな
高杉の望みは昔からただ一つ、
松陽先生を奪ったこの世界を壊すこと
全然ブレない ただそれだけ
それだけのために、こんなことまでしてきた

パンフによれば

桂→師を奪った世界を憂い、変革を求める男
銀時→師を奪った世界を享受し、ありのまま生き続ける男
高杉→師を奪った世界を憎み、その破壊を望む男


その中で坂田は
なんのために攘夷戦争に参加していたかはわからないけれども、少なくとも何かのために戦っていた戦争を自ら下り、桂曰く「この世界を一番憎んでいる」はずなのにそれを受け入れ、その中で生きる道を選び

そしてまた桂は
松陽先生を奪ったこの世界を何度も更地に変えてやろうと思い爆弾作ってテロリストになって
それでも江戸に住まう大切な人達、そして戦争を知らない人たちのために街ごと壊すやり方を捨て
穏健派といわれるほどにおとなしくなり

そんな中で
最初から最後まで松陽先生のために自らの生きる道を捧げて、そのために邁進している高杉は
松陽先生がそれを望んでいるのか望んでいないのかはさておき
そしてこの世界を奪うことでなにかが変わるのかはさておき
ずっとずっと
信じた唯一の生き方を貫いているのであって

それは今を生きる私達や、また時代に迎合した(と言われても仕方のない)銀桂にしてみたらなんとも頑なで不器用な生き方なのかもしれないけれども
幕末という時代を駆け抜けるために戦力を失って出来ることといえば強い信念を持つことくらいで
有言実行
戦争が終わったからといって消えやしない思いを抱えたまま
それでも戦争を始めた当初の自分を疑わずに、自分くらいはそんな自分を信じてこの時代を生きていくには
こんなやり方でしか叶わない時代の流れに乗っかるしか道はなかったんじゃないかと

史実的にはそれが結局世の中を変えていくわけだから
銀魂的にこのあとどう生きていくのかはわからないけれども

高杉だけを責める気にはどうしてもなれないのです

大きな銀魂の流れからしたら高杉のしていることは止めるべきなんだろうし正しくはないのかもしれないけれど
それを選んだ高杉を誰が責められるんだろうかと

紅桜を見るたびに心が痛みます

神威はオマケ(おい
ハピバ記念に1日に出そうと思ってたのにな、コレ

にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ

↑よろしければワンクリックお願いいたしますvv まもなく興行収入10億円!!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

清瀬あおり

Author:清瀬あおり

三次元から二次元に出戻った残念なオトナです…

銀魂溺愛しながら、どこで何をどう間違ったのかタイバニにすっ転んでもはや戻ってこれません。

銀魂は十四郎右端決定の銀土オンリ、譲れない!!タイバニは全力でオジキチ。8:2で兎虎ですが、コテバニもイケちゃう節操なし。バディが好きなので二人がいればそれでいい!

イベントと行列が大好きなので、関東圏のイベントには高確率で出没しますが、わりとぼっち…。腐り気味のお友達は常に募集中です。

全力応援中!!
【僕のヒーロー3】バナー

TIGER HUNTING

gh-FIVE

【僕のヒーロー4】バナー

一般参加予定です☆
最新記事
最新コメント
新☆エリーの日記

ステキお友達サマ
FC2カウンター
つなびぃ
T&B公式ニュース
予約忘れ防止用!
カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。