スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

主要全キャラ集合 史上最強のカオスwwww

*今週の早売WJ銀魂(No.44号)《ネタバレ》
ご注意ください!!



土方十四郎が大好きです
すんげー大好きですvv



…ふぅ

銀土本…自分好みの世界観をお持ちの方で、かつしっかりお話を作り込んでいる方の本を読み終える時の感想はいっつもたまんないくらい土方が大好きになっちまう
この一週間はひたすら自分トコにある本読み直してたんで脳内銀土モード全開でとてつもなく幸せ感じてるあおりです こんにちわ

喋ってる話に進歩が見られないですね…まったく

たまたまジャンバンみたら(普段見ない)
たまたま劇場版銀魂DVDのCM見られて嬉しかった昨日

たまたまファミマに入ったら
たまたま劇場版銀魂DVDの告知聞けて嬉しかった今日
確実に運気は8日後に向かって上昇中ですね☆
ファミマのは私は14:38に聞いたんで、毎時38分が狙い目かと思われます
テンション低い銀さんとか、やる気のない銀神コンビとか、本誌とは真逆に大活躍の新八とか聞けてなかなか楽しかったです
告知前の、DJさんの「それでは銀魂の皆さんです どーぞ」的な、銀魂の皆さんってなんだよっ!ってツッコミたくなるような紹介から是非聞いていただきたい!!

そんなかんじでざんぷ買ってきたら、今週も抜け目なくメチャクチャ面白くって
そしてダメ押しでおバカすぎる十四郎にモダモダしてしまって
こんなんで幸せな自分ってお安いなぁと思った今日この頃

にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ

↑よろしければ追記の前にワンクリックお願い致しますvv


第三百二十六訓 GWあけも見えるっちゃあ見える


巻頭から久しぶりに登場の、そしてなぜか準レギュラー掴んでるwタモさん
某音楽番組の司会をやりつつ

「それじゃあ今週のスポットライト!!
今週のスポットライトは売り上げチャート第三位にランクインした
シンガーソングライターMADAOさんの歌われるサードシングル
【ダンボールの神様】ですー!!」


…って誰ーwwww
ストレートのロン毛になって登場した長谷川サンww
ついにシンガーソングライターになったらしいです
路上生活の際浸かっていたダンボールを引き裂く音から曲のインスピレーションを得て、マダラーと呼ばれる若者を輩出するまでのカリスマ的人気を得たらしいです

世も末だ…

そんな表情で長谷川サンのでている番組を眺める土方&新八

「一体…どうなってるんすか」

「こっちがききてーよ
一週休載あけ屯所に戻ったらすべてが変わっていた
俺は地位も名誉も居場所も失っていた
まるで俺だけおいてみんな2年後にいっちまったように」


「なんで あんな…変わった演技なんかしてたんですか」

「おかしいのは奴等ではなく俺だと思ったからだ
そりゃそーだろ
俺以外の全員がみんな変わってるんだ
イレギュラーはどう考えても俺だ
状況は変えがたい ならば俺が順応するしかねーだろ
近藤さんが消え 代わりに総悟が隊を牛耳り 山崎が俺の上司という状況
そりゃあ…もう笑うしかねーだろ」


…いやいや、局長になったんだよねぇ、土方さん
トップは土方なんだよねぇ??
総悟が持ち前のドSっぷりで土方押しのけてカイザーになるのはまぁありえそうだけども、
ザキはあくまで「鬼の副長」であって、土方が仏のパシリ トシさんになっちゃったから立場逆転してるんだよねえ?そうだよねぇ??

「だが…やっぱり俺にはムリだったみてーだ」

いうないなや、ひっつかまえて縄でぐるぐる巻きにして、それでもなお悪態ついてる山崎に腰の真剣をグサリ!あっぶねーーーー!!!鞘に納まっててよかったよ…

「土方さん…僕ら…
休載してる間にいつの間にかタイムスリップでもしてたんですかね
…2年後の世界に
僕らだけ…知らない世界に放り出されてしまったんですかね」


「何故俺達だけがそんな目に合わなきゃならねェ」

「…もしかしたらバチでもあたったんじゃないかって…
土方さん… 実は最近僕…ツッコミサボってたんです」


「………」

「いっつも一人でとんでもない量のボケをさばいてヘトヘトになって
それでも人気は中途半端だしグッズもでないし
やっぱり…ツッコミよりボケの方がおいしいんじゃないかって…
それで…他人にツッコミ任せて…
ここ数ヶ月ずっと…楽してたんです
でも僕がサボってる間にもみんなは…自分なりにできる事を探して
休載の間も成長しようとしてた
前に進もうとしてた
…だからおいてかれたんじゃないかって…
神様にバチ与えられたんじゃないかって…
……土方さん 土方さんも心当たりありますよね
真選組唯一の常識人
以前のあなたは…ツッコミポジションだったはず
なのにいつの間にかトッシーというボケ属性をつけたり」


「あ…あれは妖刀によって勝手に目覚めた人格なんだから仕方ねーだろ!!」

「マヨネーズで奇抜なことをやりだしたり」

「それは…好きなんだから仕方ねーだろ!!」

「じゃあ今回の演技はどうなんですか
本当はアレ…仕方なく状況に順応するためなんかじゃなかったんじゃないすか
本当は…アレボケたかっただけなんじゃないいすか」


「……ろ」

「オイシイ思いをしたいという感情があったんじゃないですか」

「…めろ」

「そういう感情が全くなかったと胸を張って言えま…」

「やめろって言ってんのが聞こえねーのかァ!!」

「すいません…言いすぎました」

「…いや…俺もカリカリしてた
忘れてくれ
…俺たちがツッコミをサボってたせいで
ボケが飽和状態になり世界の形を歪めてしまったと…
だとしたら……俺たちはこんな所で嘆く資格もないのかもしれねェな」


「この世界で
銀さんがヤムチャヅラになった世界で」


「近藤さんがいなくなった世界で」

「姉上がゴリラにはらまされた世界で」

「総悟が皇帝になった世界で」

「九兵衛さんにチン◯が生えた世界で…
生きていくことが僕たちに課せられた……罰」


…いやすごいわそらち
休載からよくもまぁこんな世界広げられるよね…
そしてこんな中でもひどく冷静に自分と、そして土方を分析してる新八がすごいww
新八がいってることが的を得すぎててウケるwwww
確かに土方って真選組のツッコミだったよね
一応今もツッコミだよね
ボケ要素多くなりすぎだけれどもwwww

「帰るわ…神聖真選組帝国に
一応…皇帝止めとくな…
万事屋に攻め込む話…
なんの得にもならねーしな」


「そうですか…
僕は勲兄さんに許しをもらってやっぱり万事屋で働いていこうと思います
ヤムチャヅラの銀さんでも僕よりデカい神楽ちゃんでも
…万事屋には…変わりないから

ツッコミ頑張ってくださいね」


「…おめーもな」

「今さらツッこんでも もう何も…変わりはしないけれど…」

そうして公園のベンチから立ち去ろうとした二人の耳に飛び込んできたニュース
さっきまでタモさんが喋っていた巨大スクリーンで繰り広げられるニュースで判明した事実

休載時より蔓延し始めた謎のイボによる被害が拡大
あのイボはキューサイネトルという寄生型エイリアンであることが判明
生物の身体に寄生し宿主の養分を吸い取り、二・三日でパンチパーマのオッサンの姿に
そして五日後に宿主と瓜二つになり、宿主に完全に成り代わり独自の進化を遂げ、1週間あまりで2年に相当する成長をする
特筆すべきは彼等が好むのは宿主の「向上心」
上昇志向のある人ほど寄生されやすく、その向上心を糧に彼等は進化をする

…って、ええええええええええええええ!?
あの最初の定春のおっさんすらこの話の伏線っ!?
サラッと流しちゃったよ!!ココでもほぼ触れなかったよ!!
まさかアレが今さら活きてくるとか思わないじゃん!!
すげーよそらちぃぃぃぃぃ!!!!!

突然変わったり2年後と言うキーワードをやたら口にする人がいたらそれは寄生されてる可能性あり
すぐに仮死状態の本体がぶらさがっていないか確認し
キューサイネトルをハリセンのようなもので思い切り叩いて潰して!

『安心してください
あなたたちの友人は何も変わってなどいません
2年など経っていません
…今あなた達の目の前に広がる世界は
ただのイボがおりなす世界です』


なんつーオチっ!!なんつーオチっっっwwww

「……ってことは何……え?
要するにあの……コレは
結局全部イボ春じゃねーかァァァ!!
あのボケに僕は散々踊り狂わされてたってのかァァァァ!!
ヤムチャ銀さんもイボがヤムチャになってただけ!!
大人神楽ちゃんもイボの上にイボが二つできただけ!!
ゴリラ夫妻もイボが乳くりあってイボの子を成しただけ!!」


「…フー 向上心
皮肉なもんだな
俺達はツッコミをサボっていたおかげで寄生からまぬがれたようだ
そして今奴等を救えるのは俺達のツッコミしかない」


「…今ならハッキリと見えます
自分の為すべき事が」


そういいながら特大ハリセンを構える二人っ
そのままこの歪んだ世界にハリセンを叩き込むべく走り出すッッッ!!

すると

「新八ィィィィ!!」

飛び出してきたのは大人神楽

「お前今までどこいってたアルか
私…どれだけお前を探したか…
バカバカバカバカ 心配したんだから!!
……私…さみしかったんだから」


とナイスバディな肉体を新八に押し付ける
先週散々九ちゃんにしてやられたくせに、また神楽のかわいさにクラクラな新八(ダメガネ)

「まどわされてんじゃねェェ!!
それはイボだ!!
そのガキがんな事いうガラかァ!!
どけェェェ俺がしとめる!!」


いうやいなや、神楽に向かってハリセンを振り下ろす土方
すると二人の間に割って入り、ハリセンからカラダをはって神楽を護ったのはなんてこったい総悟っ!?

「!!
皇帝<カイザー> ソーゴ・ドS・オキタ?世!?」


「ひっ…土方さん…
アナタが女を手にかける所なんて私は見たくありませんよ」


ふらりと倒れるカイザーソーゴに駆けつける大人神楽

「オイ しっかりするアルカイザー!!」

「近藤さんが消えた後…私は組織を大きくする事だけ考えて生きてきた
真選組を護るためなら…冷徹な皇帝として非常な圧政を布いることもいとわなかった
でも土方さん…あなたにまで汚れられてしまったら
真選組は本当にただのならず者の集団になってしまう」


「土方さんん まどわされないでください
イボですよそれイボ!!」


「あなたは私のような孤独な支配者ではなく
皆とともに歩む賢君になって…ください…
…さびしい思いをするのは私が…最後でいい……
も…もう一度……ゴフッ…土方さんと…マヨ丼…食べたか……た」


「食べた事ねーだろ!!
犬のエサとか言ってただろ
でまかせ言ってんじゃねーぞ」


新八が必死にツッこむも、こんな素直な総悟を見てしまった土方はすっかり絆されて

「そっ…総悟ォォォォォ!!しっかりしろォォ!!」

口に直接マヨネーズを絞り込む土方(真剣)

「いや それ嫌がらせ以外の何ものでもないから!!
しっかりすんのはアンタ!!
イボだって言ってんでしょそれ!!
どいてください!!僕がとどめをさします!!」


そうしてハリセンを構えた新八の前に立ちはだかったのは

「やめなさい新ちゃん
瀕死の人間を襲うなんてアナタそれでも侍ですか」


今度はお妙さんんんん~
しかも腕に赤ちゃんを抱いて、すでに出産してるし!!
そんな子供になんて言ったらいいのかと嘆く姉を見ても、子供はしょせんゴリラの子
そもそも結婚に反対な新八は今度は惑わされる事なくハリセンを……打つッッッ!!!

「やっ…やめてェェェ!!
違うの!!この子は…この子の本当の父親は
見てェ!この前髪を!!」


と、こっちを向かされた赤ちゃんのその前髪は

なんてこったい、キレイな黒髪V字型

って、土方かよォォォォォォォォ!!!!

それを認めてしまった土方が、今度は新八のハリセンからお妙さんと赤ちゃんを護る!

「何をしてんだァァァ お前はァァァァ!!」

「そっ…その前髪は
そのVの字前髪は…まさかっ」


「んなワケねーだろ
なんで全く接点ない姉上とアンタの間に子供ができるんだよ!!」


「ごめんなさいトシさん…
私やっぱり隠しきれなかった
アナタへの思いを押し殺して勲さんと仮面夫婦を続けるなんて…」


「ちょっとォォォ姉上がとんでもないビッチに成り下がってんだけどォォ!!」

イヤもう新八ツッこむのはそこじゃねーよ!!
いままで銀さんxお妙さんの風潮はあったにせよ、ココで新たなペアが誕生だよ!!
土方xお妙さんって!!
お妙さんのビッチっぷりもだけど、二人して近藤さんを騙してた設定とか土方の強心臓っぷりにもビビるわ!!

「お願い!!
私とこの子を連れて逃げて
どこかゴリラのいない世界へつれていって」


「土方さん 惑わされないでください!!
アンタに子供なんていませんよ!!」


「そんな安い手に俺が惑わされると思ったか
さっさと子供だけおいて消え失せろ
オレが面倒みる


「思いっきりまどわされてんだろーが!!」

「オイ この子だけは見逃してくれねーか
十五郎だけは俺の手で育てさせてくれねーか!!」


「落ちつけェェェェ
十五郎って誰よォ!!」


あわわわわ たいへんだっっっ!!
十四郎子供嫌いそうだったのに好きなのか…面倒みるくらいに好きなのか…
自分の子供限定かな… 他人の子は苦手(というか子供が自分を苦手だと思ってる)なだけで嫌いじゃないのかな… どきどきどきどき
自分は真選組だけ、近藤さんだけあればいいから
銀さんのことすら抱えたくなったのに
今じゃ素直に伝えられないもののかけがえのない存在になって
そんな付き合いを続けていく中で
こいつは仕事第一の俺といていいんだろうか
約束もできない しても守れない奴と一緒にいて楽しいんだろうか
オンナと違って柔らかくもねェカラダ抱くより、普通のオンナと所帯持った方が幸せなんじゃないだろうか
ガキも産めない俺なんかといたって…
なんてバカみたいにぐるぐるぐるぐると悩みのループからでてこれなくなる土方像って鉄板だと思ってたんですけど(大きな偏見)
おっと、ここにきてよもや子供に執着するかもしれないのは土方の可能性もっ!? 
しかも十五郎って!!!!
ツッコミどころ多くて処理しきれん!!!
ちょ…なんかここに触れてると長くなるから1回忘れよう、うん

「へぇ~十五郎っていうんですか~」

突如登場する婦人

「カワイいお子さんですね
ちょっと抱かせていただいてもよろしいかしら」


「あっ 首まだすわってないんで気をつけてください」

土方ァ!!おまえが心配する所はそこじゃねェだろぉぉぉ!!

「あ~ホントにカワイイお子さんだこと~
お父さんもお母さんも美形ですものね
でも残念ながらうちの子には負けるかしら
ねっ?勲子ちゃん…」


と、ベビーカーに乗せたお人形とともに現れた婦人は近藤さん(女装)
そして土方&お妙さんだけを幸せにするモンかと、十五郎を奪って逃げるっ

「とっ…十五郎ォォォォォォォ!!」

「土方さァァァん アンタもうツッコミ無理ィ!!
まどわされ過ぎィィィ!!」


↑この新八のツッコミに今週一番笑ったww

そして子供ごと屋上から飛び降りようとする近藤さん

「おっ…落ちつけ近藤さん
早まるんじゃねェ!!」


「落ち着くのはアンタだァ!!
僕らイボ退治にきたんですよ
なんでイボの自殺止めようとしてんの!?」


「子供に罪はない
悪いのは俺とお妙だ」


「悪いのお前の頭だけだろーが!!」

「殺るなら俺を殺れェ
十五郎だけは見逃してくれ」


「なんでイボの身代わりになろうとしてんの!!」

あ…あかん… ハラ痛い…ww
新八もう充分ツッコミの役割果たしてんだろww

「近藤さん ご覧なさい
子供を身を張って護る…これこそが親の姿というものじゃないの
なのにアナタはなに?
この子を…私とこの子を残したまま一人死んでいくというの」


そうして登場したのはまた別の女性
そしてその腕には赤ちゃんが…って

ヅラ子かよぉぉぉぉぉ!!!

「なんでお前が子供産んでんだァァァァ!!」

「あなたはもう立派なお父さんなのよ
だから…この子のためにも私のためにも…生きて お父さん」


「いや二人とも立派なお父さんだろーが!!
つーかてめーら敵同士で何してんだよ!!」


ホントだよwwwww
今度は近藤x桂がクルってか!?

「へェ~ゴリ子っていうんですか~
カワイイゴリさんですね
ちょっと抱かせていただいてよろしいかしら」


とまた別の女性が登場!!
とおもったら今度は九ちゃんッッッ!!
ベビーカーに乗せた赤ちゃんはモザイクだらけの
チ◯子ちゃん☆

って、えええええええええ!?
なに、今度はつけたものをとったの!?
と思ったけど次のコマで十五郎を呼ぶ土方と、ゴリ子を呼ぶ近藤に交じって、チ◯子を呼ぶ桂がいる所をみると…え、これ桂の!?
ちょ…何してんのっ!?

こんなカオスな状況を

「いい加減にせんかいィィィ!!」

ぶった切ったのは新八
そうしてみんなイボの魔力は解け元通り(長かった…苦笑)

「様子がおかしいと思ったら 土方さんもやっぱりイボにとりつかれてたのか
…向上心に取り付くイボ
とんでもない悪夢を見せつけてくれたけど
おかげで…大切なものも見れたかもしれない
これからは僕も休載にかまけないで毎週毎週君に負けないくらい上を目指して走っていくよ

(イボを見つめながら)
さァーこれで全部終わった!!
来週から気持ち改めて頑張らなくっちゃ!!」


気を失ったみんなを前に、隊服のまま大きく一つ伸びをした新八

「いや まだ終わってねーよ」

「?」

その声に振り返る間も与えず

パァン 

とハリセンで新八をぶったのはもちろん銀さん(ヤムチャ)

「………え?」

「お前も イボだぞ新八」

「えええええええええええ」

殴られ、元に戻った新八を前に、ヤムチャのヅラを投げ捨てる銀さん

「いや~焦ったぜ~
マジでみんな休載あけたら成長してんだもんよ
周りに合わせるのに必死だったぜ
なんで俺だけイボできねーんだよ
マジ空気読めよイボ
来週も休載らしいけど この分じゃコイツらヤベーな
マジで修行とかしてきそうだな」


って、ええええええ!?
来週休載の事実よりも、それすらネタにしちゃうそらちの強かさがwwww

「仕方ねェ じゃあ再来週はこれでいくか」

って、落ちたヅラを再び被り直した銀さん
布をぐるぐるまきにして、最後の月牙天衝した一護じゃんんんん!!!!
あーなるほど、一護もこないだ精神と時の部屋(違)入ったもんねwwww

も、もうどこにいっちゃうの銀魂wwww

で、とりあえずこのシリーズはここで終わりってことでいいんだよね??いいんだよね??
巻末コメ先に読んだら
「読切、未だにネーム10P前後です。」
ときて大丈夫!?と思ったら、
「次号、WJ45号は読切執筆のため休載いたします。」
おっと、潔いww
読切描かせるために本編休載とかww
「作者取材」とかを使わないあたり、だいぶ集A社の中の空気も変わってきたのかしらん??

あー、最後の最後まで超面白かったー!!

にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ

↑完全に土方さんの一人勝ち~☆
完璧ボケキャラ確立おめでとうございますvv
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

清瀬あおり

Author:清瀬あおり

三次元から二次元に出戻った残念なオトナです…

銀魂溺愛しながら、どこで何をどう間違ったのかタイバニにすっ転んでもはや戻ってこれません。

銀魂は十四郎右端決定の銀土オンリ、譲れない!!タイバニは全力でオジキチ。8:2で兎虎ですが、コテバニもイケちゃう節操なし。バディが好きなので二人がいればそれでいい!

イベントと行列が大好きなので、関東圏のイベントには高確率で出没しますが、わりとぼっち…。腐り気味のお友達は常に募集中です。

全力応援中!!
【僕のヒーロー3】バナー

TIGER HUNTING

gh-FIVE

【僕のヒーロー4】バナー

一般参加予定です☆
最新記事
最新コメント
新☆エリーの日記

ステキお友達サマ
FC2カウンター
つなびぃ
T&B公式ニュース
予約忘れ防止用!
カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。