スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

消えたエリザベス

*追記から今週の早売りWJ銀魂(No.24号)《ネタバレ》含みます
ご注意ください!!


じゃっくすぱろう船長をはじめてみております
あんなに話題になってるのに一回も見たことないんです
なにやら民放で3週?3日?連続とか??
ちょこれーと工場は見逃しちまったんでこっちはなんとか、ね
ちなみにほんとうに映画全然見ないんで、ハリウッドスターはマジでわかんなかったりもします
じょにーでっぷしか知りません…
あの味方になってくれた男性とかヒロインとかも有名な人なんでしょうね
…ごめん、知らないわ←
そしていつも吹き替え見ちゃうから、真の映画好きとはご一緒できないっていうね…
ごめんなさい…

なんのこっちゃっていう
いや、あまりにも本誌とリンクしちゃったんで
ほんとに日記なんですけど書いちゃいました

追記は銀魂ですお

にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ

よろしければワンクリックお願い致します☆





第三百五十三訓 紙芝居 夢芝居 これでオシマイ

タイトルもココ最近ないくらい考えられてまとまってる感じだし
さらには久しぶりに扉絵アリとか!!
どーしたそらち!?

【捜さないでください】
という書きおきプラカードだけを残し、消えたエリザベス

「捜すなとは一体何を捜すなということなのだろうか
それとも何を捜してはいけないのか捜している時点で捜してはいけないものを捜していることになってしまうのだろうか(以下略)」


もんもんと自答のスパイラルに入った久々登場桂を

「ややこしい」

と一蹴した(文字通り蹴り上げた)銀さん
ここはファミレス
万事屋3人を前にエリザベスがいなくなったと伝える桂

「要するにアレだろ 家出だよ家出 それ」

多分食べているパフェは桂のおごりだろーにあっさりそう言い切る銀さん
そんなわけないという桂に、常套文句だろとばっさり

「バッ…バカな ありえんぞ!!
俺達の間には仲違いするにもいざこざの原因すらなかった!!
エリザベスを最後に見た時だって………!!
…最後に 最後にエリザベスを見たの いつだったっけ」


ひどいよ桂ァァァ!!
こないだの志士勧誘メールを作ってるときも写真に誰だっけ?って思ってたらしい
しかし残されたプラカードには小さく【5月24日】の日付
あれ?今日の日付は5月23日
未来から送られてきたの??と考える万事屋メンバーに

「つーかさ つーかさ
未来っていうかそれ 一年前に書かれた奴じゃね
よくよく考えたら俺人気投票編以来アイツと直接会ってねーよ
あとは年賀状とか写真でチラホラ出てたけど直接は目撃してねーし
この世界はサザエさん方式で時間が進行しないとはいえ読者的にはもう2年くらいまともにアイツ見ていないことに…」


うおおおおお!!いわれてみればたしかにぃぃぃ!!
どうやら一年前からエリーは家出をしていたのに、桂は気づかずにのほほんと暮らしていたらしいよ
ひどいはなしだww

「とにもかくにも今俺達がしなければいけないのは早急にエリザベスの居所を突き止めることだ」

そういった桂のもと、二人が住んでいた長屋へ連れてこられた万事屋一行
いつの間にか協力する羽目になったらしい
みんな知ってるとおり、エリーは台詞じゃなくプラカードでしゃべってるから、
エリーの部屋へ行き、押入れに保存されていたプラカードをたどる事でエリーの家出の原因がわかるのではないかという桂
まどろっこしいのは確かだが、今はそれしか手段がない

「大丈夫だ
エリザベスは俺などより侍然とした男
余計なことは語らん
たとえばこの台詞もシンプルでわかりやすいだろう」


書いていた台詞は

【いいえ 誰でも】

ええ、皆様聞いたことありますね
二ヶ月前にコレでもかとTVで連呼されていたアレです
一体誰と何を話していたかって、そりゃもちろんTVからきこえる【こだまでしょうか】に呼応して
エリーのプラカードが【いいえ誰でも】
そして桂が「AC~」

って何そのコンボww
しかもちょっと古い話題なとこがまたウケルww

「でもこのころにはまだ家出せずに一緒にいたことは確かアル」

「問題はこっから以降だな
何か異変があったくさい台詞は」


そういいながら押入れをあさる銀さん
見つけたプラカードには

【ありがとう】
【さよなら】


いきなり別れを決意したような台詞…!
…ってオチは

「ポポポポーン」

ってまたACかよ!!
もうそっからは捜しても捜してもCMネタしかでてこないww
その中で見つけたまともなものといえば

【すいません エリ立ってますよ】
【それは加藤登紀子と同じ床屋で刈りあげたんですか】
【れんほうってどんな漢字でしたっけ】


って蓮舫のことしかしゃべってねーし!!

「つーかコレどんな局面で使う台詞なんですか
明らかに蓮舫と会話してんだろ!!」


「ん…
【加藤登紀子と同じ床屋で刈りあげたんですか】…なにか思い出せそうな気が…」


…とこっから誰も望んでいないのに桂の手によって回想突入ww

あの寒い冬の日
エリーと桂は追っ手に追われ宿も無く途方にくれていた
そのときTVから聞こえた若年寄選挙(笑)のニュース
どうやら今年は石原元年寄と蓮舫の一騎打ちらしい

「そうかこの二人が…
この昏迷した世の中を救うのは石原かそれとも蓮舫かはたしてどちらか」


つぶやく桂の後ろでエリーが

【いいえ 桂です】

まさかのACアレンジバージョン!!
せっかく蓮舫がいるのにここで突っ込まず!!
そしてそのまま回想は進み、ついに本物蓮舫が目の前で演説を開始!
刈り上げてるしエリ立ってるし、全部突っ込むチャンス!

なのに全スルーで

「おばあさん大丈夫ですか お荷物お持ちしますよ」

ここでもACネタもってくる桂
桂が荷物を持ち、エリーがおばあさんを背負って階段を上る

『それがフミ子婆と俺達の出会いだった』

とそこからまったく無駄な回想突入っ!!もう終われないww
フミ子婆は階段の上の公園で子供達に紙芝居屋を営んでいたのだが、このご時世紙芝居など子供も相手にしない
それでも毎日重い荷物を持ち階段を上るフミ子婆
見かねてエリーも毎日公園へ足を運ぶように…
雨の日も 風の日も 蓮舫の日も
…ってここで奇跡的に蓮舫キター!!
しかも蓮舫突っ込ませようと、刈り上げでからあげくったり、から揚げ投げつけてアピールしたり、目の前で刈り上げたり…それでも突っ込まないエリー!!
もう二度と突っ込むチャンスねーよ!!
紙芝居屋は子供達を笑顔にするのが仕事
でもそんなことしなくても子供が今笑顔だったらそれでいいとフミ子婆
しかしそんなフミ子婆に

【俺はバーさんの紙芝居もみてみたい】

とエリー

「フフ…アンタももの好きだねェ
仕方ない きかせてやるか 私の十八番を

それでは
【それは加藤登紀子と同じ床屋で刈りあげたんですか】はじまり~はじまり~」


ってまさかアレが紙芝居のタイトルだったとは!!

「そこォォォォォォ!?
いや そこ アリなのォォォォ!?」


新八が激しく突っ込む気持ちもわかります
子供みねぇよ…
内容はそりゃ恐ろしいものだったようで桂も思い出せない様子

「でもなんでエリザベスがバーさんの紙芝居をこうして持っていたアルか」

「それは多分この台詞から思い出せそうな気がするのだが」

と桂が見せたプラカードは
【すいません エリ立ってますよ】

しかしそっからまた無駄な回想に入りそうだと読んだ銀さん&新八が突っ込むも、早くも回想に突入
であれば仕方ないから要点かいつまんで手早くして!と願ったら

「エリったらハリキリすぎだよ
あたしゃもう足腰が立たないよ」


ってまた ラ ブ ホ か よ ! ! 
ああ、エリ立ってる…なるほど←なるほどじゃねぇ!!
フミ子婆もなにしてるwwww
いろいろ早すぎでまったく手がかりないし、もう残ってるプラカードは
【れんほうってどんな漢字でしたっけ】
だけだし、もうエリザベスの居所なんてわかるわけ…

とおもったら突然苦しみだす桂

「あっ…頭が!!
こっ…これ以上は思い出しては…いけない気がする!!
なっ…何か俺の本能が記憶にフタを…」


「オイまさかエリザベスとババアのラブシーンじゃねーだろーな」

「ぐあああああああ」

「入っちゃったよ 回想入っちゃったよ!!
画面モザイクだらけになるんじゃないのコレ」


二人が危惧するも、その回想は…

雪降る日、公園のベンチに身を寄せるエリーとフミ子婆

「雪か さむい」

とつぶやくフミ子婆のために、エリーの皮?をぬいでかしてあげようとするエリー

「いいよ ムリしないで アナタのほうが風邪引いちゃうじゃない
それに 借りなくても私も持ってるから」


そういって、手荷物の中からエリーの皮(女性Ver.)を取り出すフミ子婆

「……もう気づいているんでしょう
こうして地球人の皮なんかかぶっているけれど
元カノの身体 忘れるワケないわよね」


と、地球人の皮を剥いだフミ子婆はまさかの美女!!
そうしてエリーに語りかける

「それとも最初からわかっていて近づいたのかしら
使命を忘れた裏切り者の私を始末するために
驚いたわ アナタがまだそのプラカード持って自分を偽って生きているなんて
わかっているのよ アナタだってそんな紙芝居やめたがってるのは
私はここの星の人達に触れて ここの人達の笑顔に触れて
自分の本当の使命を見つけた
私の紙芝居でこの人達の笑顔を護っていきたい そう思った
アナタもそうなんでしょう
そうじゃなけりゃ地球人のお婆さんを背負ったりなんてしない
なのになんでまだそんな格好をしているの
なんでまだプラカードを持ってしゃべっているの
わかっているの
私達のしていることは この星を…」


そこまで話したフミ子婆に、エリーが鋭い手刀を浴びせる
倒れるフミ子婆

「ズ…ズルイ男性<ひと>
そうしてまた私からも…現実からも逃げるのね
お願い… こんな事は…もうやめて…
ア…アナタなら 人の作った紙芝居じゃない
自分の… 紙芝居を…」


倒れながらも語るフミ子婆に記憶を忘れさせる液体を飲ませるエリー
それを見終えてから、ぞくぞくと登場するエリーと同じ人種のアレたち

【終わりましたか】
【帰艦命令です 地球の調査はこれにて終了です】
【隊長行きましょう】


さまざまなプラカードをもつあの生物たち
っていうか隊長!?エリー何者!?

そう思ってるところに草陰から飛び出してきた桂が、たくさんいるエリーに驚いてパニックになり倒れ…
たところで回想終了

「どうやら消された記憶を取り戻したようね」

後ろから聞こえた声に振り返ると、勝手に万事屋に上がりこんでいたのはエリー生物の着ぐるみに入ったフミ子婆(若)

「私も今しがた全部思い出したところ
そうよ あなた達は今までずっとだまされ続けていたの
あの人は…私達はかわいいペットなんかじゃない
この地球<ほし>を侵略するためにやってきたの
私達は敵地調査のために送り込まれた諜報部隊
荼吉尼 辰羅 夜兎 の影で暗躍してきた幻の傭兵部族
古より白い悪魔と恐れられてきた その名を…」


草葉の陰から飛び出し、倒れた桂を見つけたあの日
桂にもまた記憶をさすれさせる液体を飲ませたエリー

「エ…リザベス… お前は… お前は一体… 何者…なんだ… ムニャムニャ」

そう聞いた桂に対するエリーの回答が

【れんほうってどんな漢字でしたっけ】

「ツッコミきれるかァァァァァァァァァァ!!」

銀さん?新八?の叫びもごもっとも
どこまでマジですかこの話
とりあえず新キャラフミ子婆が現在万事屋にいるわけだからここで終わりじゃなくて続くんですよねぇ??
てか荼吉尼 辰羅 夜兎と並ぶような部族って、これこっからスケールでかい話とかにはならないですよねぇ??
どきどきどきどき


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

清瀬あおり

Author:清瀬あおり

三次元から二次元に出戻った残念なオトナです…

銀魂溺愛しながら、どこで何をどう間違ったのかタイバニにすっ転んでもはや戻ってこれません。

銀魂は十四郎右端決定の銀土オンリ、譲れない!!タイバニは全力でオジキチ。8:2で兎虎ですが、コテバニもイケちゃう節操なし。バディが好きなので二人がいればそれでいい!

イベントと行列が大好きなので、関東圏のイベントには高確率で出没しますが、わりとぼっち…。腐り気味のお友達は常に募集中です。

全力応援中!!
【僕のヒーロー3】バナー

TIGER HUNTING

gh-FIVE

【僕のヒーロー4】バナー

一般参加予定です☆
最新記事
最新コメント
新☆エリーの日記

ステキお友達サマ
FC2カウンター
つなびぃ
T&B公式ニュース
予約忘れ防止用!
カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。